ようこそ! 桜実会ホームページ


はじめに

住民パワーで築き上げた高齢者在宅支援施設

 桜実会は、市民が「地域福祉のまちづくり」を目的に玉川学園地域、および南大谷と本町田の一部を中心に住民パワーを結集し、東京都及び町田市とのパートナーシップによって築き上げてきた組織です。
 「福祉サービスを必要とする人が、心身ともに健やかに過ごされるよう、その環境・年齢・心身の状況に応じ地域において必要な福祉サービスが総合的に提供されるような社会貢献活動を実践し、もって公共の福祉の増進に寄与すること」を目的として桜実会を設立。

桜実会ならではの特徴

地域に根差し、地域が支える介護サービスの実践です。

 ●住民参加によって施設がつくられたこと(設計から設備、備品購入まで)
 ●公設民営の施設であること(町田市で第1号のNPO法人による運営。
  現在は指定管理者として市から受託)
 ●桜実会のネーミングは敷地に大きな桜がある事と桜の多い地域にちなんだものです。

桜実会からの最新情報

●5月28日(日)午後1時30分より桜実会平成二十八年度総会が行われます。
●3月12日(日)に地域貢献活動ふれあいひろばで健康講座が開催されました。
 詳しくは地域貢献活動

●日頃のデイサービス玉川学園の様子はブログにて詳しく掲載しております。
●ブログ5月18日より再開しました。

a:67872 t:10 y:48