<< 2018.7 >>
[Blog]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


2018/7/23 (月)

夏祭り週間

夏祭り神輿

夏祭り盆踊り

夏祭り魚釣り

夏祭りかき氷

今日から土曜日の28日まで、夏恒例の夏祭り週間が始まりました!
職員も浴衣に着替え、また、利用者様にもお声かけしてご希望の方に浴衣を着ていただきました。
男性職員による神輿が練り歩き、利用者様の輪の中に入りました。
BGMには祭りの笛や太鼓が鳴り響き、職員の笛とともに利用者さまと職員との「わっしょい!ワッショイ!」の掛けあいが気分を高揚させます。
かき氷も縁日での量ほどでもありませんが、皆さん“久しぶりだわ”“冷たくて美味しいね”との声が聞こえてきました。
お祭りは、非日常の風景だからでしょうか?心がワクワクしてきます。
日頃より、幾分か笑い顔が見受けられた夏祭りでした。



パーマリンク

2018/7/19 (木)

防災訓練

防災訓練

天災は忘れた時にやって来る!とは良く言ったものです。
との言葉から始まりました、今日の防災訓練です。

台風・地震ではありませんが、今年はこの猛暑で熱中症が多発しています。外での避難訓練は逆に熱中症になるリスクがありますので、室内で管理者の高橋が地震等の災害時この桜実会にいた場合の話等を中心にお話させて頂きました。

グリーンコーラス

グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

今日はいつもの練習曲ではなく、馴染みの曲を歌いました。
動画では、“朧月夜”“ローレライ”“忘れな草をあなたに”をチョイスしました。
このグリーンコーラスのメンバーの中には、お孫さんが海外におられる方があります。
桜実会のHPの中のこのブログのコーナーをご覧になっておられるそうです。
そして、電話での交流の中でグリーンコーラスで歌っている様子などが会話の中心になっているそうです。お役に立ててとても嬉しいです。

又、スマホを使ってこのブログにUPした練習動画を繰り返し聞いて練習していますよ!と90代の男性利用者様もいらっしゃいます。(私は思わず感嘆しました。恐るべし!)



パーマリンク

2018/7/18 (水)

音楽活動

音楽活動

音楽活動 音楽活動 音楽活動

木曜日のグリーンコーラスで歌の指導をしている岡本先生は、この水曜日や土曜日に隔週で音楽活動の先生をして下さっています。
コーラスの練習とは少し違って、好きな歌を気軽に歌っています。
時折ジェスチャーも交えながら、歌を楽しんでいます。
皆さんとても生き生きとした表情です。見ているこちらも楽しくなってきます。



パーマリンク

2018/7/17 (火)

集まれ!チャンバラ好き! 大菩薩峠

大菩薩峠

大菩薩峠 大菩薩峠 大菩薩峠

『大菩薩峠』(だいぼさつとうげ)は、中里介山作の長編時代小説。1913年~1941年に都新聞・毎日新聞・読売新聞などに連載された41巻にのぼる未完の一大巨編。
映画化は1935年日活、1953年東映、1960年大映、1966年東宝。
今日の映画は1960年大映三隅研次監督版作品(三部作の一作目)です。
あらすじ
大菩薩峠にて、浪人・机竜之介は巡礼の老人を意味もなく切り捨て、その場から立ち去った。途方に暮れる老巡礼の孫娘お松を、通りすがりの盗賊裏宿の七兵衛は保護するのだった。
キャスト
机竜之助 市川雷蔵
宇津木兵馬 本郷功次郎
お豊/お浜 中村玉緒
お松 山本富士子
近藤勇 菅原謙二

往年の美男子の市川雷蔵は、利用者様(特に女性)の人気の男優さんのようです。
今、スクリーンを見ても惚れ惚れするような顔立ちの男優さんですね。
今風に言えば、イケメンの男優さんです。利用者様は、食い入るようにご覧になっておられました。



パーマリンク

2018/7/14 (土)

舞弥の歌のリサイタル

舞弥の歌のリサイタル

舞弥の歌のリサイタル 舞弥の歌のリサイタル 舞弥の歌のリサイタル

今日はここデイサービス玉川学園に通ってこられている利用者様のお孫さんが歌のボランティアで訪問して下さいました。舞弥(まいや)さんといって、本格的にプロの歌手の方です。
舞弥さんのブログには
今日はとあるデイサービスさんで、慰問コンサートを行ってきました
聴いてくれた皆さんとてもお元気な方が多く、私の方が元気をもらいます。
1. 涙そうそう

2. 秋桜

3. 愛燦燦

4. お祭りマンボ

5. 童謡3曲でハーモニーコーナー

6. 上を向いて歩こう

7. 二番目に光る星

8. 平尾昌晃ヒットソングメドレー
普段と違ったジャンルも、すごく楽しかったです。聴いてくれている皆さんも平尾先生とのお話をすると、みんな喜んでくれます。
改めて誰にでも愛されている平尾先生の偉大さを感じました。
スタッフの皆さん、綺麗なお花をありがとうございます^_^
歌っていてよかった、そんな風に感じることが出来た一日でした。
と、書いておられたようでです。
利用者様も、慰問して下さった方も両方有意義な時間を共有されたようです。
又、お仕事の合間に来ていただければと思っています。ありがとうございました。



パーマリンク

2018/7/13 (金)

陶芸

陶芸

陶芸 陶芸 陶芸

陶芸 陶芸 陶芸

陶芸 陶芸 陶芸

今日は“一輪差し”“ペン立て”のどちらかを選んで作っていただきました。
タタラづくりでの製作です。
タタラづくりとは、粘土を薄くスライスしたり、のべ棒で押しつぶし板状にし、曲げたり、くっつけたりしながらつくる方法です。また、粘土はすこし乾かす(生乾き)と、木工の板のように組んだり貼り合わせてつくることもできます。
完成前に底にご自分の名前を書いていただいて、側面には思い思いのスタンプの型を押して模様をつけていきました。
ハート・蟹・鳩・星などなどのスタンプ型です。それぞれに個性豊かな作品が出来上がりました。



パーマリンク

2018/7/12 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

今日は11月の発表会の最後にアンコール曲にしたいと考えている“長崎の鐘”の歌を中心に練習をしました。
この“長崎の鐘”は映画にもなり、
1950年 松竹映画
監督 大場秀雄 原作 永井隆
キャスト 若原雅夫 月丘夢路 津島恵子 滝沢修

あらすじ
原子医学の研究に一生を捧げた医学者・永井隆博士は、医大卒業を前にして専攻を物理療法科に変更した。このころ放射線医学は、医大においてもほとんど軽んじられ、聴診器に頼る古くからの医師たちの迫害を受けていたほどである。その後、妻の緑の協力のもと幾多の困難を乗り越えて数々の研究成果を発表していく永井博士。しかし、そんな中で彼は医学者としてよりも、むしろひとりの人間として人類愛に目覚めていくのである。

皆さんは、粛々と歌われていました。

その他には、“学生時代”です。
前々回には昭和レトロ調の伴奏でしたが、少ししゃれた感じの伴奏に変わっていました。
お洒落な伴奏をお楽しみください。
日々進化するグリーンコーラスメンバーです。これからも目が離せません!



パーマリンク

2018/7/10 (火)

映画  パンダフルハウス

映画

映画 映画 映画

一月に一度、映画上映があります。
上映する内容も、昔の名作や現代もの、ドラマ仕立てや動物がからんだ映画などなど多彩ですが、何を上映するのかは、利用者様がリクエストされて決まる時もありますし、映画担当の職員が選んだりします。午後1時からおやつの時間までと、上映時間の長短もポイントとなります。

今日は人気の動物ものの映画で、“パンダフルライフ”という映画です。
ぬいぐるみのような愛らしさで子供から大人まで多くの人々を魅了する動物界のアイドル、パンダの生態に迫ったドキュメンタリーです。(上映時間 100分)



パーマリンク

2018/7/9 (月)

五・七・五ハイッ!グッド!俳句の会

俳句の会

俳句の会 俳句の会 俳句の会

今日の俳句の会ではとても素敵な句が選ばれていました。
一番人気の句は
■宅配の 声もけだるき 炎暑かな(喜多)
次点
■庭の木々 みどり葉濃くて 夏姿(八木)
■七夕や 何を願おう 健康を(坂田)
動画の中身
今日は、植物の“半夏生”の話で盛り上がりました。

篭編み 卓上ごみ入れの整頓用篭

篭編み

篭編み 篭編み 篭編み

毎日昼下がりには、篭編みを楽しみにしておられる利用者様が沢山います。
今日は篭編みの先生が二人もいました。
ボランティアで体操やお茶会の先生などで大活躍の中野先生や、職員の佐藤です。
その中野先生が、“紹介したいことがあるのですが”と言ってきました。
それは、とある利用者様がこの完成したバスケットを皆さんの役に立てて欲しいとの事です。ちょうど広告チラシを折って作った“卓上ごみ入れ”を並べて入れてみたところ、6個ちょうど合わせたように入ったのです。これからは、かごの置き場を決めて管理できる段取りが整ったようです。



パーマリンク

2018/7/3 (火)

お抹茶同好会

お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

今日のお抹茶同好会では、夏用のお茶碗でお抹茶を点てて頂きました。
夏用のお茶碗は、作りが違い広がった形をしています。厚みも少なく絵柄もいかにも夏用とわかるような明るい色使いです。
お茶菓子は、株式会社 宗家 源 吉兆庵の生菓子“遊水”でした。本葛粉で小豆餡をくるんだ爽やかなお菓子でした。
“今日は夏用のお茶碗でのお抹茶です。氷を浮かべてお飲みください!”と、冗談を申し上げましたところ、“それもいいわね!”とのお返しの冗談も返ってきました。
皆さん大笑いしながら楽しいひと時を過ごされました。



パーマリンク