<< 2019.3 >>
[Blog]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


2019/3/19 (火)

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント フラワーアレンジメント フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

春はお別れの時であり、新しい人との出会いの時でもあるようです。
グリーンコーラスの岡本先生が卒業されることが決まってから、後を追うようにこのフラワーアレンジメントで教えてこられた蔵原先生も卒業となりました。
今日はこのデイサービス玉川学園でのフラワーアレンジメントを教えられるのは最後です。

一通りアレンジメントが完成した後に、最後ということで先生を取り囲んでのお話会となりました。先生は十年ほど前からボランティアで教えてくださいました。
皆さんは、とても名残惜しい思いをされていました。中には2か月か3か月間隔でもよいので来て教えて欲しいですと訴えておられた利用者さんもありました。
先生もグッとこみ上げる感覚があられたように見えました。



パーマリンク

2019/3/18 (月)

陶芸作品の完成 先月の湯飲み・マグカップ・皿

マグカップ マグカップ マグカップ

湯飲み 湯飲み 湯飲み

マグカップ マグカップ 皿

マグカップ



パーマリンク

2019/3/15 (金)

陶芸 鯉のぼり

鯉のぼり

鯉のぼり

三月の雛人形の後のイベントと言えば、皐月人形ですね。
季節を先取りして事前に製作するように先生は考えているようです。
しかも、最近のデザインも取り入れての作品です。



パーマリンク

2019/3/14 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

今日は岡本先生から重大発表がありました。
今月いっぱいで岡本先生はグリーンコーラスを卒業になるということです。
グリーンコーラス隊の皆さんはとてもショックを受けていたようです。

今まで先生と一緒に練習してきた日々を懐かしんでか、皆さんは歌を噛みしめながら歌っておられた様子でした。

終盤に差し掛かってから、次のグリーンコーラスの先生となる大村先生が来訪されました。大村先生は、管理者の高橋から紹介を受けて、皆さんと一緒に“ふるさと”を挨拶代わりに歌いました。とてもすてきな引継ぎシーンでした。



パーマリンク

2019/3/12 (火)

お抹茶同好会 

お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

お抹茶同好会

道を歩いていると、桜や木蓮の冬芽が膨らんでき始めたのに気づきます。
今年は桜の花が咲き始めるのは早いのでは?と感じています。
お抹茶同好会でもその“桜”を一足早く味わっていただきました。

相州鎌倉の豊島屋さんの季節限定の“さくらさくら”が今日のお茶菓子でした。
塩漬けの桜葉をみじんぎりに刻み、紅あんに練りこみ、羽二重求皮で包み上げ、桜の花びらの形にしつらえました。とお菓子の説明書きにありました。

皆さんは、花弁の形に感動し、桜色に感動し、食べては桜の香りに感動されたようでした。
毎回お茶菓子を選び買い出しにでかける職員も、この努力は喜んでくださる利用者様の笑顔を見る事で努力のし甲斐があるようです。



パーマリンク

2019/3/7 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

今日も春の歌を中心に楽しみました。
以前から慣れ親しんでいる曲ですが、うっかりしていたら注意しないといけないパートで失敗してしまいます。そうかと思っていたら、すんなりと上手に歌えていたりしています。
やはり歌詞を見なくても覚えている曲は流れるような歌声が響き渡ります。そのようなときは指導されている岡本先生の嬉しそうな声が上がります!

素敵な華どう?

素敵な華どう

素敵な華どう 素敵な華どう 素敵な華どう

素敵な華どう 素敵な華どう 素敵な華どう

一足早くに“桜”の花を取り入れての素敵な華どうとなりました。
毎年、こんなに心待ちされる花は無いと思います。
その他、トルコ桔梗・アルストロメリア・ガーベラを添えての豪華さです。
皆さんこれらの花を活けながら、もうすぐやって来る本格的な“春”を描いているのですね。



パーマリンク

2019/3/4 (月)

お茶会 玉露

お茶会

お茶会

お茶会

お茶会 お茶会 お茶会

今日はあいにく雨模様のお天気ですが、お茶会のテーブルのクロスが赤色なのでこころが明るく華やぎます。
今日のお茶は、京都宇治の大正園茶舗の玉露“天下一”でした。
お茶菓子は、いつもの静岡緑風堂の練り切り“貝合わせ”でした。
その月々をイメージさせるお茶菓子も、今日は1日づれましたが“ひな祭り”を意識して蛤をかたどったものでした。

お茶碗は、九谷焼。

先生が今日着ている着物に話がおよび、中野先生が今日着てきた着物の帯が先生が初めて買ったものだと(先生が18歳の時)いうことでした。
モデルさんのようにターンして皆さんに披露されていたようです。



パーマリンク