個人情報保護

  • 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの策定と継続的改善
    桜実会は、正会員・役員・職員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報保護を適正に保護するためのコンプライアンス・プログラム(本指針、「桜実会個人情報保護規程」およびその他の規程・規則等。)を作成、実施、維持、監査および見直しを繰り返し実施することによって個人情報保護の管理能力を高めて行きます。
  • 個人情報の収集と利用
    桜実会は,情報主体(本人)の個人情報を収集する場合は、その利用目的、使用方法等をあらかじめ本人に説明し、法令等に定められた範囲内で行いま す。なお、個人情報等を、法的義務など正当な理由のある場合を除いて、本人に明示した収集目的以外には利用することを致しません。
  • 個人情報等の第三者への提供
    桜実会は、個人情報等を、次の各号の場合を除き、本人の同意なくしては、第三者に提供することは致しません。
  • 桜実会の事業運営上必要な場合において、介護保険法に定められた他事業所および業務委託先等に開示する時 は、個人情報が適正に取り扱われること等必要な措置を講じた上で提供いたします。
  • 個人の生命、身体又は財産の保護に必要であり、緊急かつやむを得ないと認められる場合は提供いたします。
  • 公益上の必要その他法律に基づき開示が義務づけられるなど相当な理由がある場合は提供いたします。

  • 個人情報保護等の開示・訂正・削除制度
    桜実会は、『桜実会個人情報保護規程』およびその他の規程、規則に従い、各部門の業務内容を考慮した適正な個人情報保護のための管理体制を確立し、個人情報を適正に収集・利用・提供いたします。
    また、情報主体(本人)への個人情報の開示は、本人であることを確認した上でこれに応ずるよう努めるものとします。なお、個人情報に誤りがあり訂正・削除等のお申し出があった場合、情報主体(本人)への適切な対応を行います。

  • 人情報の正確性・安全性の確保および保存
    桜実会は、個人情報の正確性・安全性を確保するため、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、情報通信技術および管理組織体制の両面から合理的な安全対策を講じます。
    また、個人情報への不正アクセスおよび個人情報の紛失・滅失・改ざん・漏えい等の防止その他の個人情報の適正な管理のために必要なセキュリティー対策を実施いたします。

    なお、桜実会が管理する個人情報については、利用目的に必要な範囲内で保存期間を定めることを原則とし、当該期間経過後又は利用の目的を達成した 後は、遅滞なく消去するものとします。ただし、法令により保存期間が定められているものについては法の定めに従って適切に管理いたします。

  • 個人情報保護に関する法令遵守
    桜実会は、個人情報の保護に関する法令の規定および行政機関その他が特に定めた規範、ガイドライン等を遵守し各利用目的に応じて適切に管理いたします。

  • 個人情報取扱従事者等の責務
    個人情報を取り扱う桜実会の役職員又は役職員であった者は、職務上知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。